交通利便性の向上

男女

朝夕の混雑

日本は少子高齢化の進展によって人口の減少傾向が顕著になっていますが、首都圏は一極集中の恩恵を良くしており、人口の流入が継続しています。武蔵小杉は交通の利便性が顕著になっており、分譲マンションの増加に加えて、賃貸物件の増加も進んでいます。武蔵小杉の駅周辺では人口の増加に対応するための利便施設の増加も顕著になっており、商業施設に対する賃貸物件の増加も後追いとはなっておりますが、進んできています。人口の増加の影響で武蔵小杉駅では朝夕の通勤時間や通学時間の混雑が甚だしくなっており、乗客の入場を制限しなければならない状況となっています。賃貸物件の増加は見られるものの、需給はタイトとなっており賃料の上昇が向上するとともに、地価の上昇にも繋がっています。武蔵小杉はすでに開発余地は少なくなっておりますが、依然として建設や計画物件がみられるため、引き続き通勤・通学時間帯の混雑は緩和の見通しが立たない状況となっています。首都圏の交通インフラは相互乗り入れの進展が著しく進んでいるため、却って一か所でのトラブルが全般に影響することが少なくなってきているため、時間の予測がつきにくくなっているため、賃貸物件に入居する際には駅での混雑による滞留時間や事故等による遅れを考慮して出勤や通学の時間を決定することが重要になっています。武蔵小杉はすべての電車が止まる駅ですが、時間によっては各駅電車に乗車して混雑を避けるという工夫も必要です。

Copyright© 2018 家族で快適に暮らす場所を不動産会社と探そう【良質な物件を紹介】 All Rights Reserved.